« 平和 | トップページ | 日曜日 »

低粘度オイル

最近の車はオイル交換サイクルの表示が長い。

単に営業的に「ランニングコストは少ないです」と言いたい部分と
「廃棄物として捨てられるオイルも少ないので環境にも優しい車」
と言う事を主張したいだけとも見える。

そんな事を考えつつ TT を見ると

指定オイルが0W-40相当
交換サイクルは15000km。

しかし、
「オイルは距離に応じて消費されます。定期的に確認して指定
オイルを追加投入してください」
と取扱説明書には書いています。

消費量を考えると単純に15000kmでかなり入れ替わっているはず。
例えると創業以来100年継ぎ足して使っているうなぎ屋のタレみたい
なものかもしれません。

低粘度オイルを使い燃やす事で消費させて新しいオイルを追加投入
させている事は環境に優しいのか??
 ・ ・
新品オイルでも10000km以上走ったオイルでも消費する量は同じなので
交換サイクルが長いほうが環境には優しいことは確か。

などと考えつつ 11000kmで4回目のオイル交換(笑)
エコな人への道は遠い。

|

« 平和 | トップページ | 日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平和 | トップページ | 日曜日 »