« TV | トップページ | 猫と仕事をする »

修理完了

ようやくD70が修理から帰ってきた。
          と思ったら D700 の新製品発表

これでようやく手の届く所に フルサイズ がやってきた。
ついに最後の銀塩カメラとして手元に残しているF3HPを
ヤフオク売却する日がやってきた事を実感、と思い平均
落札価格を見た瞬間売る気が無くなったことは事実。

それはさておいて、D70の修理明細

  ショック品の為関連系統の点検、部品交換を行いました。
  破損の為ドア部交換。
  破損の為エプロン交換。
  変形の為マウント交換。
  修理合計 ¥23,625- (全部込み)

落とした記憶は1回しか無い(笑)
それも、事務所の机の上から床(コンクリートのクッション
フロア仕上げ)。
カメラに重たいレンズを付けてレンズを何かに当てた記憶
は全く無い。
ドア?やエプロンが壊れていたらしいが、外観からは判断
出来ない程度の破損状況。外から見て壊れていたら気がつ
くと思うけど。
道具として酷使はするが衝撃をあたえた記憶はその1回
以外には無い。だけど数年前の話なのだけど・・

修理明細で驚いたのが、 レンズマウント交換。
オートフォーカスの具合が悪くて当然だったのかもしれません。

レンズマウント交換してこの値段なら安いかも、と逆に
考えてしまったりして(笑)
金属マウントのD70でこれだから樹脂マウントモデルだと
悲惨な目に合うことも多いのではと推測されます。
ニコンのVRズームは重たくてでかいからなぁ、、マウント
への負担もかなりあったのかも。

なにより、これで眠たい写真からはおさらばできる事を祈る。

|

« TV | トップページ | 猫と仕事をする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TV | トップページ | 猫と仕事をする »