« 旅行最終日 | トップページ | 毛づくろい »

考える事

自転車に乗ってキャンプを始めた中学生のころ。
単車の免許をとって遠征キャンプを始めた高校生のころ。
 ・
 ・
年間30日以上テント生活をしていた時期があったにもかかわらず
こんなアイデアは出なかった。

そのアイデアとは これ。

090516

leathermanツール

発表されたのは 1983年か4年。
国内に日本法人なんかはできていなかったので発表されて
爆発的に売れているという話を知ったのは当時個人輸入し
て購読してたフォーホイラーか何かの雑誌広告。

一目ぼれしたので何とか手に入れたく購入先を探して見つけ
たのが亜米利加のキャンプ用品通販会社の REI

なにせそれまでは キャンプと言えばアーミーナイフ 程度。
自転車や単車で遊んでいる人間にとって腰に付けているナイフ
に組み込みで「ペンチ」が付いていると言う事の有り難さは一度
でも苦労した事のある人には垂涎の品。

しかし、このオリジナルモデルもさすが最初の品だけあって
欠点がそこそこある。 

ペンチの材質に粘りが無く脆いので折れる場合があった。
内蔵のプラスドライバーの先端が #1ビットなので使い道が
少ない。
ナイフの切れはいまひとつ、で刃が柔らかい。
力いっぱいペンチを握ると構造上 手が痛い とか。

でも、これが出てきて爆発的に売れた事で 他社も追随し
より良い品が出来てきて便利になったことは全てこの製品の
おかげだと言える。

実は写真の品はメーカー修理交換品で既に3代目。
2代ともペンチの折れで修理送りしたら本体丸ごと交換されて
きた品。ちなみに、購入後25年保証なので修理は無料。

3代目のこの品は材質か熱処理が変わったようで非常に頑丈。
切れの悪いナイフはグラインダーで少し薄く落として片歯にした。
#1の尖ったドライバービットもグラインダーで先端を丸くして
#2相当に改良。
たったそれだけで十分使える。

ナイフにペンチを組み込むというアイデアに感服。

キャンプで使うたびに 何時かこれを越えるアイデアを出すぞ!
と妄想するわけです(笑)

|

« 旅行最終日 | トップページ | 毛づくろい »

コメント

バイクや自転車に乗る時に必ず持って行きます。レザーマンの...パクリ品を(笑)。

でね、ホンモノが欲しいのよ。ホンモノを買おうと思って調べたら、あまりにも種類が
多くてどれを買って良いか解からず、今のところ様子見。実物を手に取って比較でき
るお店で買おうかと思ってます。

WAVEが良いかなーって思ってますが、他にお勧めって有る?

投稿: 丸山 | 2009年5月17日 (日) 07:56

今やオリジナルメーカーにこだわる理由も無い。
クラシックタイプ等ペンチ使用時に外に刃物をたたんでいるヤツ
は使い心地の上では止めた方が良いかなぁ。でもシンプルなの
で丈夫さは間違いなし。
気持ちよくペンチが使えるツールを内側にたたんでいるタイプ
がガーバーやその他 新潟製 であるのでそっちが良いね。

レザーマンなら オリジナルかWAVE。
単に ライターならZIPPOの感覚。

真面目に物を見比べると日本製が良いです(笑)

投稿: 高橋@works | 2009年5月17日 (日) 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行最終日 | トップページ | 毛づくろい »