« 無残な姿 | トップページ | 最低地上高さ »

ハーネス修理

NAロードスターは雨ざらしにするとリトラクタブルライトの
収納箇所に雨水が貯まり、結果水垢が強固に付着すると
いう特徴を持ってる。
どれくらい雨ざらしで放置されていたかとか、どれ位の埃
を雨水で流してきたかっていうのが一目でわかるポイント
なのです。

 ・
 ・

と言う事で、過去の歴史をリセットするべく、真剣に掃除
しようと手が入りやすいように分解 したところ、

擦り切れたハーネステープ発見。

 ん??

  擦り切れたって???

ハーネステープを部分的に剥いで点検した。

0906301

予想通り、被覆が切れて芯線が腐食。

あー、良かった。
配線が燃える前に発見できて。

配線の色から推測するとリトラ駆動用モーターの配線。

しかし、
ハーネスクリップ通りに配線を修復して装着したところ、
これではまた時間と共に同じ事になりそうな予感。

0906302

古い車のハーネスなんてこんなもの。
どこかに、何かが、必ずあります。

 ・
 ・

さておき、
掃除をすれば、故障は未然に防げる と思う。
必要なモノはお金ではなく 時間と愛情と体力。

|

« 無残な姿 | トップページ | 最低地上高さ »

コメント

我が家の駐車場に屋根はありません。
ですから、ご指摘の場所は、水垢だけでなく、場合によっては砂、葉っぱなんでも溜まります(笑)
ちゃんと掃除しようとするしバンパーを外す必要がありますね。
私のはM2 1001のバンパーなので外すのも大変です。

投稿: イノウエ | 2009年7月 1日 (水) 21:27

01バンパーは面倒ですねぇ。
ノーマルは思い切ればすぐなので良いけど。

投稿: 高橋@works | 2009年7月 2日 (木) 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無残な姿 | トップページ | 最低地上高さ »