« 穴あけ | トップページ | すすぎ一回 »

誕生日

ロードスターは 1989/09/01 らしい。 当時は全く興味が無かっ
たので知らない事実。
当時、そんなパワーの無いスポーツカーなんて信じる事が全く
出来ませんでしたからね。まさか20年後の今、二台も乗っている
とは夢にも思っていなかった。

だってノンターボのファミリアエンジンですよ(笑)購入意欲なんて
あるわけが無い、1600ccだし。
カタログスペック200馬力以下でスポーツカーなんてへそで茶を沸
かすと真剣に思っていましたから。

 ・
 ・

今の会社を作ったのが 1990/09/01。
単純に前の会社を辞めた期日が 1990/08/31だから。

ロードスターと比べると、
会社が1歳若い訳だけどあっという間に20年目突入している現実。
当時生まれた息子も今年は成人式。
なんだか笑えるなぁ。
このペース。

人生長期予定では今頃フェラーリとポルシェに乗っているハズ
だったのですけど・・

冷静に考えると、
ロードスター2台の方が間違いなく幸せだと思う(笑)

どうして? って聞かれると、
部品が安くて自分で何でもできる単車で言うモンキーと同じだから
全く飽きずにお小遣いで楽しめるって事かなぁ。

|

« 穴あけ | トップページ | すすぎ一回 »

コメント

あの時、
発売直後に購入した近所の友人のNAを見るなり
「うっきゃあ〜、あたしこれ欲しい」
と喜んだウチの娘(当時7歳)

.....アイツがいちばん正しかったと言う事ね(汗)

投稿: 117おやじ | 2009年9月 8日 (火) 08:18

>だってノンターボのファミリアエンジンですよ(笑)

ホイールはワタナベを猿真似してるし。(笑)
私も発売当初はまったく興味ありませんでした。

1991年かな?偶然通りかかった店が今は無き「Tハウス」。
ちょっと話をしたらこのデモカーに乗ってみろと。もう目から鱗ですよ。(笑)

レンタカーを借りてドライブしてみる。なんだ?パワー無くても全然楽しいじゃん!
もう即決。ユーノス行って契約。重ステ標準車のシルバー。

が、契約3日にして女房の妊娠発覚。(笑)2シーター所有不可能で泣く泣くキャンセル。

子供が幼稚園に上がるまでじっと我慢して、1998年晴れてNB購入。まさか11年も乗るとは・・(笑)

投稿: 大市民 | 2009年9月 8日 (火) 08:43

それぞれに歴史あり ですね(笑)
にしても、ファミリーカーをベースにしてもこんな車が作れる
ってことに驚きます。

投稿: 高橋@works | 2009年9月 8日 (火) 09:50

以前勤めていた会社が、社用車で購入して初めて乗ったのですが、
オープンにしたら、走る前から笑いが止まらなくなりました。

待ちを走ると子供に指さされるんですが、それもまたうれしい。
なんだか不思議に幸せな気分にさせてくれるクルマでしたね。

会社のNA6は、週末予約すると借り出せたんですが、大人気でなか
なかな順番が回ってこなかったのをよく覚えています。
同じく会社のテスタロッサは、誰も乗らずに雨ざらしだったのにね(笑)。

投稿: ごっさむ | 2009年9月 8日 (火) 10:48

楽しくて笑える車が良いです。
それ以外の車は「実用車」としての評価になってしまいます。
車に求めるものが 何か が重要。

しかし、
私なら、
まちがいなく、
テスタロッサに乗ると思う(笑)
たとえ、苦行だったとしても。

投稿: 高橋@works | 2009年9月 8日 (火) 12:55

9月1日の発売前に、急遽開催された銀座での公開。
当時、丸の内勤務でしたので5時30分のチャイムがなると駆け足で会場に行きました。
凄く盛り上がっていました。来場者みんなテンション高かったです。

投稿: イノウエ | 2009年9月 8日 (火) 23:01

田舎モノはビデオでしか見た事が無いテンション高いシーンを
その場で見られていたとは・ (驚) 羨ましい。
あんなに皆が喜ぶ車の発表会って今後はあるのでしょうかねぇ。

投稿: 高橋@works | 2009年9月 9日 (水) 08:55

テスタロッサは、見切りが悪いのと、幅が2mあるのを気にしなければ、
乗りやすい車でしたよ。

山道で、ダンプが遠くで路肩に寄せて待っていて、通してくれるクルマって、
素敵です。

白のテスタロッサでしたけどね。

投稿: ごっさむ | 2009年9月10日 (木) 19:36

地元のおばちゃんたちだと
4m道路でお互い目で勝負する事になる気がする(笑)

投稿: 高橋@works | 2009年9月10日 (木) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穴あけ | トップページ | すすぎ一回 »