« 進化 | トップページ | 時が止まる »

順番

その一
車高が低いことに勝るメリットは一切無いので、下げる方向で考える。

その二
そうするとサスペンションストロークと車重でバネレート下限が決まる。

その三
当然乗り心地と両立できなくなるのでどうするか考え直す。
ロードスターの場合リアがまさに足を引っ張る。

 ・
 ・

上記の期間中車体をどうすべきかが今回のテーマ。

車を基本モデルで考えると4本のバネで支持した1000kgの箱。
だから、バネレートを変えることは固有振動発生周波数を変えることになる。
公式に入ってくる変動要素は車重とバネレートだけと言う事に注目。

車として設計者がどのあたりを狙って設計しているか、
自分が何を変えたか で出てくるデメリットは多種多様。
ダンパーなんて減衰振動を熱に変えるだけなのでバネレートが同じなら
本来大差無いのだけど、バネの動きを阻害するダンパーが多いので
話がややこしくなっているだけ。

車高調を変えたら静かになったとか、
疲れなくなった 等 プラシーボではなく変わって当然の話。
ノーマルバネの低いバネレートには理由があります。
車高短にした時にバネレートを上げるのは別の理由があります。
お金と時間をかけて経験するつもりのない人は、
正しいことをちゃんと教えてくれる人にやってもらいましょう(笑)

 ・
 ・

Sr2、
まずは純正ブレースバーも純正タワーバーも取ってしまいます。
内装も外せる物は全部はずす。
外したついでに掃除もできる。 ← 今はこの作業。
4点ロールバーだけは追加で取付。

次にブレーキとクラッチをごそっとオーバーホール。
前オーナーの作業は信用しない。
なにせ今なんてブレーキホースは大嫌いなステンレスメッシュ付き
車外品ホース(ちゃんと車検対応の書類は付いてた)。

その後車高を決めてバネレートを決めればそこからはトライ&エラー。
振動が出ようがギシギシいおうが「最低限の状態で確認」すれば重たく
するのはいつでも出来る話。

目標はSr2のトルセンデフでスタビ無しで普通に走れる車です。
エアコンパワステ無しのSr2なら出来そうな気がします。

|

« 進化 | トップページ | 時が止まる »

コメント

個人的に、Sr.2では痛い目に遭いまくっていますので・・・
心して整備してください(笑)

投稿: sin | 2011年6月 9日 (木) 16:14

大丈夫さ、多分。

投稿: 高橋@works | 2011年6月 9日 (木) 17:15

某所にオレのアルミ4点が…。

投稿: U-5 | 2011年6月 9日 (木) 18:43

え、、、
まじですか。

投稿: 高橋@works | 2011年6月 9日 (木) 23:06

マジデス。

っていうか要ると思わんかったので…(^^;

投稿: U-5 | 2011年6月 9日 (木) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進化 | トップページ | 時が止まる »