« 911と暮らす | トップページ | ガーミン »

再認識

横浜往復で得た確信。
それは、NA純正Bリップはやはり良いって話。

初めてNAのノーマルバンパーで高速走行をした時、ある速度域
を超えたとたん襲いかかって来るフロントの感覚喪失には時代
と諦めを感じるしかない。
車高の前後バランスを変えようがアライメントを変更しようが
タイヤを換えようがホイールサイズを変えようが車高調を換え
ようが減衰を変更しようが変化は有ってもそれぞれに大きな差
は無かった。

高速でのステアリングインフォメーション不足への対策の1番目
が重ステ化。
重ステにすると喪失感が減るのではなく喪失感に鈍感になるだけ
と言う目の前の現実は見ない。
加減速時の体勢も同じ事が言えるのだけど、それに関してはサス
ペンションやセッティングで意外に誤魔化されるのが普通。
重ステは単純に「希薄になったインフォメーションをなんと感じ
取れる単純構造」だからパワステよりリアルに感じるだけです。

初心者が重ステに乗り、
段々上手になってからパワステに乗るのが正しい流れ。
だって、少ない感覚をハンドルから感じる為には技術力が必要っ
て事は当たり前。重ステなら初心者でも状況を把握出来るので
とても簡単(体力は必要)。

 ・
 ・

今回横浜に行くにあたって、思い切って無傷な純正バンパーに穴
を開けBリップを装着。
今まで我慢出来なかった高速域での手応えの喪失が、ギリギリ我慢
出来る程度にまでに改善された。
決して一般的レベルで「良い」わけではない。

Bリップは100km/h+αで効果を発揮出来るのだから間違い無く良い形。
機械設計で飯を食う人間として少しだけ気に成るのは、
デザインに性能が付いてきたのか、それとも逆なのか(笑)

デザインが良いから今まで何も考えずに全てのNAに付けてきた部品、
実はこんなに効果的な部品だったという事を再認識した横浜往復。

110726

(カメラを忘れてIS03で撮影)

当日の雰囲気はこんな感じでした。

|

« 911と暮らす | トップページ | ガーミン »

コメント

>Bリップ

アレは意外とそこそこ効くのですよ。
なんにも付いてないベース車ATから始めた男なら大概の後付けパーツの有り難さは理解してます。(笑)

サーキットではさすがに必要に迫られてリアに羽根を追加しましたがそれでもフロントはBリップのままの方が楽しいかも知れないです。
それ以上のフロントのダウンフォースはより協力なエンジンパワーとセットになって初めて生かされるものなんだろうと思います。

そうして、そのような色々な場面に対し適切なパーツを供給してくれる「U-5さん」と言う人こそ、
実は「神」なのかも知れないなと(@Д@;

投稿: 117おやじ | 2011年7月26日 (火) 20:50

今までBリップ無しのNAに乗った事がなかったのが原因。

ひらの監督曰く、
「アンダーパネルとリアデフューザーは最高に効くぞ(笑)」と。

投稿: 高橋@works | 2011年7月26日 (火) 20:59

え゛ 突然振られても面白い返しは出来ないデス(汗)

あ~

神は神でも、ネタの神 じゃねぇ~? くらい(^^;;;;


…あ 知ってるか。

>アンダーパネル

ソレこそ おやじさんのネタでは(笑)

投稿: U-5 | 2011年7月27日 (水) 21:00

ひらのカントクのFアンダーパネルはボディラインからほとんどはみ出さない非常にオトナなデザインとなっております。
#製作は「謎ガレ」氏ですね。

で、なんとリアディフューザーもこっそり製作してたのね。

ふむ、
んじゃやってみるぺえか(笑)

投稿: 117おやじ | 2011年7月27日 (水) 22:07

リアは「とても派手」でした。

投稿: 高橋@works | 2011年7月27日 (水) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 911と暮らす | トップページ | ガーミン »