« 錯覚 | トップページ | 道路の使い方 »

ノルトロック

スプリングワッシャの代わりに簡単に使える緩み止めワッシャ。
 ノルトロック
簡単に使えるけど注意点は多い。

間違った使い方があまりに多いので書いておきます。

 1.ノルトロック使用時に磨きワッシャなど別のワッシャを併用しない。
 2.ノルトロックの硬度をちゃんと確認し相手部材より表面硬度が
  硬い事を確認する。
 3.極力伸びないボルトを使う。
  SUSのノーブランドやA2-50相当は問題外。
  JIS規格品A2-70以上、できる事ならSCM材のボルトを使う。

技術的説明はしませんが(笑)とんでもない使い方を多く見る様に
なりました。
ミスミとかで簡単に買えるようになったのも原因ですかね。

たかがワッシャ、
されどワッシャ、
正しい使い方を身につけてください。
ボルト1本に命が乗っかるのが車という道具です。

|

« 錯覚 | トップページ | 道路の使い方 »

コメント

前に騒いでから1年ノルトロック使いましたが良いですね。

扱いも楽だし常識範囲だと再使用も問題無いし。

ノルトロックに入れ替えるとき、元から付いていたワッシャーどうすれば良いの?
と質問きたりしますが、外して保管しておいてくださいと言ってます。

ってか、普通に考えれば分かりそうなんですけどね。

投稿: ABIT | 2011年7月29日 (金) 10:31

ちゃんと理屈が解って使うとこんなに便利な緩み止めは無いです。
長穴調整箇所でも傷がついて良い場合はバンバン使ってます(笑)

投稿: 高橋@works | 2011年7月29日 (金) 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 錯覚 | トップページ | 道路の使い方 »