« 部品価格 | トップページ | さび止めスプレー »

肘掛け

手元に有るSr2発売時の特集雑誌によると、
Sr1のドア内張取っ手がSr2で肘掛けに戻された理由の一つが、
Sr1のドアに付いている小物入れに手を突っ込んでドアを閉める人の
小物入れが千切れる事へのクレーム対策の意味もあったという記述。
千切れるまで繰り返し手を突っ込んでドアを閉める雑な人間なんて
NAの数が減ってきた今では想像出来ない。

それはさておき、
NA6は所有した事がないのでSr2で肘掛け初体験。

120217


見た目でかくて邪魔くさいなと思っていたけど意外に使い心地は
快適。しかも見た目ほどの物の重さが無いのが非常に素敵。
まさに拍子抜けする重さなので、軽量化名目でドアノブベルトに
変更する理由は無い。肘掛けを取り外す理由はシートを替えた時に
シートに当たった場合くらい。

なにより、ドアを閉める時の引っ張る力をネジ2本で受け止めるより
ネジ3本が良いのは単純な話。
つまり、
ドアポケットに手を突っ込んでドアを引っ張ると言う行為は、
数個のプラスチッククリップを介して段ボールのような内張でドア
を引っ張るという恐ろしい自己破壊行為なのです。
そんな人に限ってドアヒンジは給油されず錆びてドアが重い(笑)
と考えると、クレーム対策は正解。

|

« 部品価格 | トップページ | さび止めスプレー »

コメント

以前、sr1のドア内張りの小物入れが携帯等を入れるのに便利そうだと思い交換しましたが、
使ってみて速攻元のNA6内張り+肘掛に戻しました。
肘を置かないで長い時間車に乗ると、凄く疲れる事がわかりました。

投稿: ストーン | 2012年2月17日 (金) 10:22

NA6で機能的な内装は完成していたって話です。

投稿: 高橋@works | 2012年2月17日 (金) 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部品価格 | トップページ | さび止めスプレー »