« 経済本 | トップページ | サービスキャンペーン »

MacとiPadとWindowsXPとWindows7

MacBook-Pro13”(2012)の現状

標準4Gのメモリーは安かったバッファローの8GBで\3,980に変更。
16GBまで認識するらしいのですが、国内の正式上限発表は8GB
なので8GBにしました。

標準500GBのHDDを半分にしてBootcamp+Windwos7インストール。
WindowsXPモードもVMで無事動作。

iPadはiTunesが使いにくくて嫌になり、
Book+DropBoxを利用。
Book+は綺麗な液晶対応になったのでiBookを使うより早いし
使いやすいのでお勧め。
EvernoteはAndroid端末で議事録写真を撮るくらいにしか使わ
なくなりました。

iCalはGoogleカレンダーより使いにくいけど、
MailはMac標準(iPad標準)が使いやすい(Shuriken2010比)。
ブラウザーはMacでSafariが良い部分とWindowsでChromeが良い
部分があるのでどっちもどっち。

iPhoneを仕事で使う人ならMacな人になるのが幸せっぽい事は
確認出来ました(笑)
Androidを仕事で使う人ならWindows7が良いのも実感。

MacBookProの裏面ネジを外してカバーをとるだけで、現行TinkPad
との違いに愕然とします。
国産トヨタの内装=軽四内装とAudiの内装の違いみたいな感じ。
爪を折る危険性を知らないと分解出来ないか、
ゆっくり考えると壊さずに分解出来るかの違い。
それを無駄と思うか必要な物と思うかが重要。

結論、今はもう何でも好きなものを使うのが幸せと言う事です。

|

« 経済本 | トップページ | サービスキャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経済本 | トップページ | サービスキャンペーン »