« エンジンチェックランプ | トップページ | OSとウイルス »

エンジンチェックランプ

原因判明。
チャコールキャニスターから活性炭の粉が出て、チェックバルブが
動作不良を起こしていた為チェックランプ点灯。
取りあえずはエラーを消して交換部品の入荷待ち。
粉が増えているチャコールキャニスターとチェックバルブを交換です。

来月が2回目(5年目)の車検(40,000kmくらい)なのだけど、
まるで計算されたようなタイミングでエンジンチェックランプが点く
とはAudi恐るべし。

|

« エンジンチェックランプ | トップページ | OSとウイルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンジンチェックランプ | トップページ | OSとウイルス »