« 軽井沢へ | トップページ | 深夜着 »

液状ガスケット

オイルシール取り付け部のカムシャフトキャップ。
液状ガスケットが謎だったのですが、整備書WM2025にこんな記述。

1305282

これは内容を理解して組まないとラジアルスキマがめちゃくちゃになる
気がします。
しかも、排気側カムシャフトのキャップ締め付け順序がクラセン側が最初
に成っているのも色々な意味で難しい。
間違い無く、作業者がカムの座りを確認せず締めた事が原因と推測でき
ます。
こう言う作業レベルなので、オイルクリアランスを確認してくれたとか、
すぐにでも取れそうなバリを取るとか、
きちんと掃除してゴミを取るとか、
期待しては駄目な人が組んだヘッドだった。

当時のマツダスピードBスペックエンジンの価格から考えると見知らぬ最
初のオーナーが可哀想になりました。
それが本音。
サスペンションもマツダスピードローダウンスプリング+純正ビルシュタイ
ン+NAバンプストッパーだったと言う事は、NAロードスターの良さを一つ
も味わうことなくこの車体を手放したという事。

|

« 軽井沢へ | トップページ | 深夜着 »

コメント

これでカム側にはみ出さないようにするのは至難の業www

投稿: 管理人T | 2013年5月29日 (水) 11:11

神業です。

投稿: 高橋@works | 2013年5月29日 (水) 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽井沢へ | トップページ | 深夜着 »