« スローパンク | トップページ | ABS故障 »

寿命と費用と住環境

先日同級生の大工に事務所の床と壁を修理してもらったついでに、
隣にある実家に引っ張っていき水洗化工事を依頼。

実家は昭和の汲み取りトイレなのです。

親が家を建てたのが35年ほど昔の話なので水洗にするには浄化槽
が必須だった時代。設備は高いし、場所は取るし、定期的な管理
費が発生するし、と良い事をかき消す話しが多かった。
市の僻地に近いうちの近所でも公共下水が整備されて15年ほどに
なります。その間何故か「洋式化+水洗化」を頑なに拒んでいた
両親。理由は全く解りませんが嫌なら良いと好きにさせてた。

今回私の堪忍袋が切れたわけです。

 ・
 ・

ところがいざ話を進めてみると、
あんなに頑なに拒んでいた人間が、
広い扉に明るい部屋、
手摺りがついて、
自動で蓋は開いて、
座って暖かくて、
省エネで、
節水、
ウォシュレットは当然、
と言い始めた。

15年目にその気になったのだから万事良しだけど我が親ながら
腹が立つ豹変ぶり。

体調を崩してからのリフォームが大変なのは経験済。なにせ無理
が出来ないから何もかもに金が余分に必要になる。
元気な時に出来る事はやっておく事が肝心。

私の親の世代は、人類の歴史上一番長生きな種族なのだから、
リフォーム費用を一日当たりに換算すれば世代別最安値です(笑)

|

« スローパンク | トップページ | ABS故障 »

コメント

>私の親の世代は、人類の歴史上一番長生きな種族

激しく同意します。(笑)

投稿: 大市民 | 2013年6月26日 (水) 08:21

それは絶対に間違い無いと思う。

最近ようやく、戦中・戦後に育った事がどういう事なのか
少しだけ理解出来るようになってきた。
小さなスイッチが切り替わったのは昭和30年頃。
大きなスイッチが切り替わったのが昭和40年(39年オリンピック)。

投稿: 高橋@works | 2013年6月26日 (水) 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スローパンク | トップページ | ABS故障 »