« 否リコール修理 | トップページ | ショックアブソーバ »

修理修理修理

VWディーラーにPOLOを持ち込み。

1.エンジンストールの原因は不明。
 制御プログラムの更新が出ていたのでインストールして1週間様子
 を見る事にした。
 症状発生時の状況は、外気温40度を超える状態で微速前進と停止を繰り
 返す渋滞の真っ昼間。
 アクセルを踏み込んだスタートの瞬間のストール。
 
2.DSG・1stクラッチ不具合確認。
 これはlogが残っていたので部品交換決定。
 部品入荷と代車の都合上、来週末に再入庫。
 リコールとは別の不具合。

3.12ヶ月点検予約
 2年で25,000km。
 不具合が無いかと言えば「気に成らない」というのが正しい答え。
 2回目のオイル交換とエアコンフィルタとワイパーブレード交換。
 
4.唯一予想を超える低品質を露呈しているのは足回り。
 たった2年でショックアブソーバーの劣化ぶりは驚くほど。
 保障交換には成らないレベルだけど個人的には勘弁出来ないレベル。
 どうするか悩み中。
 延長保障期間が終わるまで(残り3年)完全ノーマルで乗る予定だったの
 だけど、このまま乗る自信は既に全く無い。
 純正新品が同じ品質だと、2年毎に新品交換するハメになります。

 ・
 ・

実は、TTも修理部品待ち。

今度はリアの球切れ警告灯が点いたり消えたりするのですが、確認すると
コネクター部の1本のピンが接触不良で焼けてました。
燃える前で良かったけれど低品質を露呈。
ハウジングケースと変色したハーネスの交換。
最近はなんだかんだと部品待ちして修理している感じ。

私が自信を持って言えるのは、NAロードスターが一番壊れません(笑)

|

« 否リコール修理 | トップページ | ショックアブソーバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 否リコール修理 | トップページ | ショックアブソーバ »