« Z4購入 | トップページ | ドライブレコーダー »

ACC電源取り出し

POLOのレーダー探知機はシガーソケット回路から電源供給しているのですが、
シガーソケットの電源動作タイミングは少し独特。
IGN-ONで電源供給されますが、
IGN-OFFで電源遮断されず、
キーを抜きとっても負荷があると完全遮断されず、
キーを抜いてドアロックすれば数秒後に遮断される。

どんな問題が起こっていたかと言うと、
ドアロックせず長時間放置すると、レーダー探知機が中途半端に動作し続け、
内蔵電池を空にして自分をリセットしてしまう。
リセットされると警報音量が最大になり設定が初期化される。
まめにドアロックをする習慣があると大丈夫なのですが、田舎人にその習慣
はありません。
私の場合ドアロックが壊れるような車ばかり乗っているのでロックする習慣
は身についていない。

面倒くさくて2年以上放置プレーしていたのですが、
そろそろどうにかしないといけない(このままではドライブレコーダーを装
着してもおかしな動作タイミングになる)と思い、TTを引き取りに行った時、
隣のVWディーラーに寄って相談したところあっけなく解決。

ヒューズボックス空き端子SB27を使えと言う事。

131021


指示通り、ヒューズボックスを取り外して裏の配線出して専用配線を突っ込
んで処理しました。

出来上がったのち改めて考えると、
ブレードヒューズ付き配線取り出し部品を買ってきて、
ヒューズを溶断して片足を切り、
念のため切断部分をプラリペアで絶縁し、
表からSB27に差し込めば、
専用配線を使うことなく、
手を怪我せずに表から簡単に作業できていたと言う現実。

資料をもらうと何も考えずその通り作業しようと考えてしまいますが、
まずは咀嚼して考える事が必要。

物事を理解する能力はまだまだ足りない様です(笑)

|

« Z4購入 | トップページ | ドライブレコーダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z4購入 | トップページ | ドライブレコーダー »