« 冬毛 | トップページ | AirのCover »

マグネチックライド考

Audiメーカーオプションのマグネチックライドサスペンション。

磁性流体オイルの劣化速度がもう少し遅ければ最高のパーツですが、
交換部品単価が高価な事と製品の美味しい時間が短いのが欠点。

ショックアブソーバー2本の価格で高性能な車高調が楽々買える値段
なので、使い方を割り切れる方はノーマルサスペンション装着車両を
購入する事をお勧めします。

街乗りでの乗り心地、
高速道路での乗り心地、
超高速域での操縦性、
3つを求める人はぜひマグネチックライドの「新品」を経験下さい。

30000km走っている中古車を買っても良さは絶対に解りません。
40000km走っている中古車はマグネチックライドの切り替え操作するより、
純正新品タイヤを買う方が効果的。
そんな部品です。

TT中古車を買うなら「マグネチックライドが付いていない車体」を探すべし。
今後ショックアブソーバー単価が半値になれば万人にお勧めできる部品。

|

« 冬毛 | トップページ | AirのCover »

コメント

始めまして
当方も、同型のAUDI-TTに 乗っております

ほぼ同じ故障を経験しており
時折、ブログ拝見しております

幸い、ABSユニットは現在は大丈夫ですが
ハルデックスユニットとハルデックルポンプは、交換しました

マグネチックライドも、まったく同感でして
6万キロを超えて、磁性体が乗るたびに、硬さが違う
状況となり、社外製品の交換しましたが
サスのキャンセラーに別途費用が掛かりました

私も、電子制御サスは、おすすめしないに
一票です!

投稿: kevimamo45 | 2013年11月13日 (水) 13:03

宜しくお願いします。

安定的な性能を発揮し続ける寿命が短すぎますね。
何をして寿命と判断するかは運転手の感性によりますが、高負荷時
に減衰力が安定しないのは危険。
危険と感じる人と劣化が解らない人がどれくらいの割合なのかで、
今後のメーカー動向は決まりますが、新車状態でマグネチックライド
有り無しを比較試乗すれば必ず買ってしまう製品だというところが
ユーザーの辛いところ。

新車時は誰が乗っても最高の純正サスペンションだと感じます(笑)

投稿: 高橋@works | 2013年11月13日 (水) 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬毛 | トップページ | AirのCover »