« 山小屋 | トップページ | 未来 »

KONI

NAロードスター街乗りの為の車高調サスペンション。
これはもう10人いれば10通りの意見を聞ける世界。

サスペンション理論の正解と運転手の感性に合う合わないは別問題。

車高を決めると、バネレートはほぼ決まる。
使い方を決めると、銘柄(構造)は限定される。
サスペンションの構造でショックアブソーバーのケースサイズが決ま
ると、ピストン最大直径や油量上限が決まるので、寿命が決まる。
出来るだけ単純に考えるとそうなる世界。

私が普通に使う車高の場合、
気楽に乗れる究極は未だにKONI-ASAの10k-8k。
時々目を三角にするならOHLINSの10k-8k。
少し車高を下げると計算上12kが最低ラインになってしまいますが、
ツーリングで使う事を考えると12kだと疲れるので、無理やり10kを
使っていると言うのが正しい(笑)

と言う事で、
少々くたびれたASAにまだまだ頑張ってもらう為、OHに出すことに
しました。


1410121


1410122


最大の敵は水だと実感できる状態(笑)

|

« 山小屋 | トップページ | 未来 »

コメント

14kにするとサーキット以外乗りたくなくなります。
16kなの人々はサーキット近くにガレージ借りて車を置いて帰ります。(笑)

投稿: 大市民 | 2014年10月12日 (日) 16:00

良いタイヤで、
良い路面のサーキットを走ってしまうと、
そうなるのは必然ですよね。

そう考えると、Porscheのサスペンションは落とし所が上手い。

投稿: 高橋@works | 2014年10月12日 (日) 20:19

>そう考えると、Porscheのサスペンションは落とし所が上手い。

街乗り、高速、峠道と完璧に思えるPASMだが、サーキットに持ち込むと物足りなさが・・・
結局サーキットを走るのには最初からGT3を選べってことですな。しかしGT3を買うと街乗りや高速ではストレスが溜まる諸刃の剣。(笑)

エンジン的には素のカレラで十分かな。一度も公道で抜かれたことないし。(笑) SもGTSもターボもいったいどこでアクセル踏むの?って感じ。

投稿: 大市民 | 2014年10月14日 (火) 08:34

「素のカレラで十分」には色々な意味が有ることは、
所有しないと解りませんね。

投稿: 高橋@works | 2014年10月14日 (火) 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山小屋 | トップページ | 未来 »