« 道具 | トップページ | 後発商品 »

食い込み過ぎた錆

R-LTD純正15inBBS。
サンポールと、
トラップねんどと、
コンパウンドと、
スコッチブライトを駆使しても、
ハブに食い込んだ鉄さび取れず。


050411


フライスに載せて薄く削ってしまう事にします。

|

« 道具 | トップページ | 後発商品 »

コメント

あそこをフライス加工したら、外周が振れると思うのですが…そこそこ寸法だしたら、大丈夫なんでしょうか?

投稿: やまぎし | 2015年4月12日 (日) 12:47

うーん。
生きているボス穴の直角度を測って治具(シム調整)に載せれば、
大丈夫かと思っているのですが。

駄目かな?

投稿: 高橋@works | 2015年4月12日 (日) 16:42

旋盤で削るにしても、リム端面で面出しすると思うので、外側のリム端面が振れてなければ
そのままフライスのベッドに載せちゃっても問題無い気がします。
フライスのベッド平面が出てないって事はほぼ無いと思いますし。
ホイール削れる程の旋盤って結構大きいので持っているトコ限られますから、フライスって方法は良いと思います(^^)。
ウチの旋盤もホイールは載らないので、友人等にボア径拡大を頼まれるとマシニングに載せちゃいますね。

投稿: ストーン | 2015年4月13日 (月) 09:12

問題はリムガリ傷での歪み(汗)

投稿: 高橋@works | 2015年4月13日 (月) 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道具 | トップページ | 後発商品 »