« 緊張感 | トップページ | 住宅金利と住宅レベル »

可哀想と言う感覚

知り合いが手に入れたNA6ロードスター。
「もらった」レベルの車体なのだけど(実際は知らない)、
問題は現状とオーナーの考え方。

ノーメンテとしか思えないNA6なので、
上から前からオイル漏れ。
ウォーターポンプも水漏れ、
ヒーターコアは化石化。
NA純正ビルシュタイン+185/60タイヤなのに指が入らない車高。
パワステはオイル漏れ。
エンジンルームを見ると可哀想に思えるレベル。

しかし、新オーナーは
「あの車に金をかける気は無い」
と言うのに、
「峠を走って安定しないのはどうしたら良い?」
「タイヤは何買えばよい?」
「山が無い2本だけ買えばよい?」
「ロードスターはブレーキが効かないよね?」

 ・
 ・

実際のところ、
公道で事故を起こす前に早く手放してくれ と言う感じ。
NA6が可哀想。

車と言う物が可哀想と言う感覚自体がおかしいのでしょうが、
公道を安全に乗れる車に仕上げるのは所有者の義務。
それが解らない人が増えてきた気がする。

|

« 緊張感 | トップページ | 住宅金利と住宅レベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊張感 | トップページ | 住宅金利と住宅レベル »