« 品質と躾け | トップページ | 注意書きと客 »

提灯記事

VWはどれだけ「自動車ジャーナリスト」を厚遇してるのかと邪推
してしまうレベル。
パサートTDIを絶賛する理由がわからん。確かにminiのディーゼル
よりは良い。メルセデスには遠く、マツダにも届いていない。
何だろう、このすさまじい違和感。

新型POLOの件、
車体は良い。
サイズ感は良い。
内装の使い勝手も良い。

エンジンは明らかに先代POLO V の1.2Lの方が良い。
それはAudiのA1から明確に解っていたこと。

共振域が日本の法定速度付近にあった1.2Lエンジンよりも、
新しい1.0Lエンジンは振動が多いし、音も安っぽく、力も無い。
アイドリングストップ機能の躾けは国産軽四以下。
カタログ表記の実馬力は信じられない。
ミッションとの連携も、デミオやスイフトターボが良い。
1.0Lエンジンは、車の動きが全体に重たい。

それをして、「どっしり感や安定感」ではない。
馬力が足りず、反応速度も足りない。
動きが右足に直結するDSGの良さを「全部殺している」設定。

安全装備も言う程では無く、ゴルフ7.5を知らなきゃ良いけど、
ゴルフ7.5の現状を知っているとコストダウンばかり気になる。

ゴルフのクラス下で売る車だからそんな物かもしれないけれど、
安全装備の考え方は上下差別しないボルボが良い。
その分価格が上がるのは仕方なし。

と言うことで、
POLO VI は1.5evoエンジンの搭載待ちか、GTI待ち。
もしくはゴルフ7.5の1.2Lエンジンに安全装備全部盛りの限定
車両が出てくるのを待つか。

POLO V の7年目車検は受ける方向になりそうです。
提灯記事は購買意欲を萎えさせるだけなのに。

|

« 品質と躾け | トップページ | 注意書きと客 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 品質と躾け | トップページ | 注意書きと客 »