« 気筒休止 | トップページ | 登山 »

カツオ

寄生虫不安で冷凍処理品が増え、生カツオが店頭から
姿を消しつつあるというニュース。
都会は知りませんが、高知では減っていませんのでOK。

 ・

元々カツオは寄生虫の問題があったから、皮を焼いたり、
皮を剥いで食べていた魚なので、今更感。

たたきと言う食べ方は、寄生虫対策。
人には無害らしいですが、見てしまうと食欲は無くなる。

高知市内の有名店が、たたき料理の材料に「冷凍カツオ」
を使っているのは、いろいろな事情。
-20℃で24時間以上冷凍すればアニサキスは無害化される。
味が少々落ちても、店は潰れない。

冷凍カツオでもそこそこ美味いが、旬の季節に港で漁師の
おばちゃんが料理するたたきには遠く及ばない。

おばちゃんが料理するたたきは、市内有名店より美味いが、
リスクは高くなる。
まさにハイリスク・ハイリターン。

 ・

魚でも、肉でも、野菜でも生食には常にリスクがある。

リスクの向こう側に美味しい世界が有るとは言いませんが、
何を食べても生食はそんな感じ。

リスクを減らすには、
何処で何を食べるかより、
誰から何を食べるかが重要。

|

« 気筒休止 | トップページ | 登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気筒休止 | トップページ | 登山 »