« 思想 | トップページ | 絶妙 »

タイミングチェーン交換

エンジンチェックランプが点く前にタイミングチェーン交換。
ぶら下げて半コマ以上、一コマ未満の伸び。
ピン位置で揃えると、6コマ目くらいから目で解る伸び。

サイレントチェーンとはいえ、とても華奢な構造。
交換部品は見た目が少し違うので、対策品の気がする(想像)

なにせ、完璧なオイルメンテナンスにも関わらず、
75,000kmで終わったという事は、
次も75,000kmくらいで終わる可能性は十分にある。

それでも、次の9年目車検までは多分大丈夫。

<75,000kmの車検外整備>
ブレーキOH(ローター、パッド無交換)
 ピストンの動きが悪かったわけでは無く、これは予防整備。

タイミングチェーン交換(テンショナー、スライダー)
 少し音は出ていたが、チェックランプが点くまで放置すると、
 最悪バルブ突いて終了の事態もある要因。予防整備のつもり
 で開けたら、ギリギリのタイミングでの修理になった。
 結果オーライ。

次の修理は、
 夏タイヤ交換 2回目
 バッテリー交換 2回目
 エンジンマウント交換 初
 バキュームホース交換 初
 プラグとプラグコード交換 2回目
 ショックアブソーバ、アッパーマウント交換 2回目
 ディスクローター、ブレーキパッド交換 初
多分これくらい。

それまでにDSGが壊れなければという大前提ですが。

|

« 思想 | トップページ | 絶妙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思想 | トップページ | 絶妙 »