« ゴルフバンのナビ | トップページ | 任期と独裁 »

タイミングチェーン交換

6R-POLO、7年目の車検。

何も起こらず無事終了は夢と消えた。
(ブリーダープラグのネジは囓っているけど)

 ・

修理工場で2日ほど止めた後、エンジンを始動すると、
嫌なタイミングチェーンの音が1~2秒。

持病と言われる金属タイミングチェーンの伸び。

まだエンジンチェックランプは点いていないので、
カムポジションがズレるまでは伸びていません。

この問題は、我慢して修理を先送りすると、とても
運が悪い壊れ方をすると言う「法則」があるので、
気がついたら即修理するべき問題点。

取りあえず、
タイミングチェーンと、
テンショナーとチェーンスライダー手配。

 ・

どんなにオイル管理は完璧でも、冷間時超短距離走行
(冷間始動後、平均走行時間10分)を毎日繰り返すの
は、サイレントチェーンにとても厳しい。

でも、VWのこのチェーンは、弱すぎる。

オイル管理が悪いと、50,000kmまで持たない車が出て
くるのは仕方がないエンジンだとようやく理解出来た。

なにせ、私の管理で75,000km終了。

|

« ゴルフバンのナビ | トップページ | 任期と独裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴルフバンのナビ | トップページ | 任期と独裁 »