« ボンネットが開かない | トップページ | 日常点検 »

軽油

ディーゼルエンジンが苦手な理由が二つある。

1.セルフ給油だと、手が軽油臭くなる。
2.四国の軽油だと、冬山キャンプで燃料凍結。
 スキー場に行くときは、現地で燃料給油が必須。
 四国だと灯油を混ぜて凍結防止するしか手が無い。

苦手な理由は、
体にすり込まれた上の二件の思い出だけ。
 1.は使い捨て手袋で対応できるし、
 2.の問題はそう言うシーンが今後無いので大丈夫。
なので、
最新ディーゼルに手を出さない理由は無い。

 ・

と言う事で、各社ディーゼル乗用車を比較する。

BMW-miniのディーゼル音を車外で聞くと、トラック。
見た目miniなのに、音は4tonトラック。
BMWディーゼルエンジンは、全部同じなので、選択肢
から消える。ディーゼル音が五月蠅すぎ。
アルピナのディーゼルは、アルピナへの憧れに反する
のでありえない。

メルセデスのディーゼルは、文句はない。
但し、営業的にメルセデスマークが不都合を生む。

VWのディーゼルも、ようやく日本に導入された。
五月蠅いし(BMWより静か)、マツダよりも走らない。

プジョー、シトロエンのディーゼルは、日本で乗る
理由が無い。
田舎の販売ディーラーと整備拠点数の問題。

マツダディーゼル。
マツダのディーゼルは、ボンゴ~カペラとマツダ地獄
経験者なので手を出す気になれない(心の問題)
デミオ初期型ディーゼルのあれやこれやを聞くと、
まだまだ全てが発展途上中。

トヨタのディーゼルは、2L-T(ハイラックスサーフ)
で痛い目を見たので手は出さない。
たとえ、ハイエースといえども同じ。
ランクル60、40系のダイハツディーゼルは丈夫で良い
けれど、全てが古すぎる。

ランドローバーのディーゼル。
90とか110とかディスカバリーの経験があると、
ガソリン車以外は手を出せない会社。

と言う事で、
メルセデスディーゼルを買える年齢(環境)になるまで、
軽油で走るディーゼルエンジンには縁が無い、多分。

|

« ボンネットが開かない | トップページ | 日常点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボンネットが開かない | トップページ | 日常点検 »