« ほぼ日記 | トップページ | ノンアルコールビール »

規制緩和とマナーとお金

自転車の輪行を始めたのは昭和50年前半、
中学高校生の頃。
当時、自転車を分解して列車に持ち込む場合は
 1.日本サイクリング協会の会員になる(会費)
 2.日本サイクリング協会から許可証をもらう
 3.国鉄の切符売り場で「手荷物切符」を買い
 4.輪行袋に収めた自転車に手荷物タグを付ける。
元々は競輪選手の特権だったものを、日本サイク
リング協会が国鉄を説得し、協会の会員にのみ許
された自転車旅行手段、という特殊な世界。

列車への自転車持ち込みがほぼ自由になった今、
出来が悪い人間が目立つようになってしまった
のは悲しいが、自由にするとレベルは下がる。

何事も規制緩和はありがたいが、
時には、元に戻してくれて良いと感じる。
少しのお金と僅かな手間という敷居の高さで、
最低限のマナーは買えます。

|

« ほぼ日記 | トップページ | ノンアルコールビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほぼ日記 | トップページ | ノンアルコールビール »