« 政治闘争は終わっていない | トップページ | 献血と輸血 »

電動アシストモード

GIANTのRoad E+にはアシストモードが4つあり、
アシストモードと航続距離の関係は、
 Sport 82km
 Active 100km
 Tour 137km
 Eco 205km
アシストは走行速度25km/hまで。

嫌な気配は、先週の電源落ち+制御プログラム更新から
あったので、覚悟はしていました。

絵に描いた予想通りの展開。
操作スイッチ上はSportモードが選択できているはずなのに、
ずーっとTourモード以下のアシスト量。
スイッチはSportなのに、60km走ってバッテリー残85%以上
は「おまえ全く手伝ってくれていないだろう」という状態。

夏の様な日差しのしまなみ海道、
20kgの重たい自転車のペダルを踏んだというお話。

帰り道、GIANTストア今治に寄って、
「頼むからどうにかして」と症状を話していたところ、
「もしかして操作スイッチじゃないか」という話が出た。

確かに、電源OFFして再起動すると、
毎回必ず初期設定モードのTourになる(デフォルト)。
もしかして、スイッチを操作しても切り替わらずそのまま
じゃないのか?という話。
それで換算してもバッテリー消費量が少なすぎるので、
実際の走行LOGと見比べると、ほぼEcoモード相当。
それから考えると、
スイッチかもしれないが、
トルクセンサーか制御基板も怪しいというのが想像。

故障状況を考える内容が、自転車じゃないですね。

修理完了したら同じコースを同じように走って、
バッテリー残量と走行LOGを再確認する予定。

|

« 政治闘争は終わっていない | トップページ | 献血と輸血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政治闘争は終わっていない | トップページ | 献血と輸血 »