« NHKと放送法と未来 | トップページ | Lenovoは中国企業 »

クラウド連携は注意

iCloudの書類連携操作ミスで消えたファイルの話、
ごみ箱とTimemachineからサルベージしてNASに避難完了。
あ~、マジで死ぬかと思った。
ごみ箱に残るMacは偉い。

Windows11のMicrosoft OneDrive連携の場合、
順番を間違えると何処にもデータが残らず消え去る仕組み
なので、Appleより注意が必要。

決してOneDriveアプリを削除しようなどと思わない事(重要)
Windows11はWindows10の比ではないほど強引に連携させる
ので、決して抗わず身をゆだねるのが得策。

Microsoft 365 businessを契約すれば、十分なOnedrive
容量になるから動画保存が少ない人は多分困らない。

最初からクラウド連携で開始すれば何も問題ない、
個人データのバックアップを他人にゆだねられる安く
て良い仕組みがクラウド保存。
もしかするとNASなんて要らないと思うかもしれない。
上手く動けばローカルとクラウドだけで大丈夫。

昭和からの莫大な資産があるMS-DOS世代にとっては、
「過去のゴミを一思いに捨てる良い機会」かも。
しかし、
クラウド連携は雲を掴むような話が多く、
本当に雲になる危険性もあるというお話(笑)

|

« NHKと放送法と未来 | トップページ | Lenovoは中国企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKと放送法と未来 | トップページ | Lenovoは中国企業 »