« 思想の根幹 | トップページ | 何事も程度問題 »

イグアナ騒動

逃げていた体長2mのイグアナが捕まった。
飼い主は初犯じゃなく、
何度もやらかしているらしい。
損害賠償裁判を起さないと人件費の無駄遣
いと言われても仕方がない。
趣味で動物を買うなら、
トラブル時の費用は負担する責任がある。

飼い主の娘曰く、
「生きて帰って来て嬉しい」ではない。

 ・

そんなことよりも、
体長2mのイグアナに限らず、
巨大になる蛇とか、
カミツキガメとか、
毒を盛った蜘蛛やサソリなどの海外種、
ペットとして飼うのは自由なのが今の日本。
性善説時代はよかったかもしれません、
もう無理、絶対に危ない。

安全の為には、
生体販売禁止、
輸入種の販売譲渡禁止、
万が一の時、損害賠償は100%個人に請求、
趣味で他人を危険にさらしてはいけません。
2mのイグアナは駄目(イメージ)
そういう目線で見ると、
大型犬も同じレベルで危険かもしれませんが、
飼い主は「噛まないから大丈夫」と言います。
嘘です、嘘。
全ての動物に絶対は無い。
人間も同じ、
絶対は無い。

イグアナ騒動しかり、
マンションで蛇が逃げた騒動しかり、
個別対応で飼育禁止が正しいかもしれません。
結局、ルーズな人間は同じことを繰り返す。

何が駄目で何が良いかと言えば分からない。
生体販売を禁止して国内生息数を減らす事から
始めるしかありません。

個人的な話をすると、
爬虫類はニュース映像を見るのも苦手です。
「見せるな―!」と言いたい映像。

|

« 思想の根幹 | トップページ | 何事も程度問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思想の根幹 | トップページ | 何事も程度問題 »