« キャッシングリボ払い | トップページ | 免許上限年齢設定の必要性 »

人の傾向と出来ない対策

意見が合わない、合意できない、

家の間取り
住宅を建てる場合、必ず意見が合わないシーンが
登場する。
 大きな窓を沢山欲しい人、
 窓は暑いし寒いので最小限で良いと思う人
何となく、どちらの気持ちも理解できる。
エアコンが故障することも考慮して妥協点を探る
事が円満解決への秘訣。

こればっかりは、やってみて納得するしか解決策
が無いのかもしれません(お金は必要)。
やってみて「それ見たことか」の様に上から目線
で会話してしまうと全て終了。

似た話は、
 庭木を植えたい人
 庭木を植えたくない人
という分類でも良く聞く。

これは1年もすれば「誰が剪定するか」で答えが
出る。毎年剪定業者に依頼するなら、
品種を考慮した庭木はあっても問題ないし、
庭木がある方が生活が心地よい。

消毒等の害虫対策をするのも当たり前なのに、
一定数「農薬は駄目だ」と言い張る人たちがいる
ので、梅とか桃とかでそれをやられると大変。
近所に蚊と蛾と蜂が飛び回ります。

庭の手入れを全くしない人の場合、
庭木を植えるよりコンクリートが正解。

一番面倒な相手は、
庭の手入れをしないのに、むやみに植える人。

動物と同じで、命あるものには責任が生じる。
手入れをしないのに木を植える人は、
管理せず野良猫に餌をあげるタイプの人と同じ、
と言うかそういう傾向の人が多い気がする。

傾向はなんとなく把握できても対策案は無い、
ただ耐えるのみ。

|

« キャッシングリボ払い | トップページ | 免許上限年齢設定の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャッシングリボ払い | トップページ | 免許上限年齢設定の必要性 »