« ボルト締結問題 | トップページ | ルールと宗教 »

壊したのか壊れたのか

パソコンに限らず、車に限らず、
「何もしないのに壊れた」と言う人に対して、
「何かしたから壊れたと思うよ」と軽く言うのは
良いのだけど、
何かをしていた時(ほぼそうだけど)、
「こんなことをしているじゃん」と指摘するのは
良くない場合が多い(経験値)。

原因に気が付いた場合、「こんなことをしていた
かもしれないので、今後は少し気を付けてみて」
とお願いするのが吉。
なぜ物腰低く柔らかく言わないといけないかは、
人間社会の難しさに由来する。

原因や責任を明確に指摘してしまうと、
「何でも私の責任にするな」と怒り出す人がいます。
地雷は何処に埋まっているかわかりません。
思い込みに対抗する手段なんてありません。

総じて責任なんてグレーで良い、
今後注意してくれる形を作り出す事が出来ればOK。
特に高齢者の場合は何を指摘しても覚えてくれない
事が多いので、次回も対応すればよい。
こちらも経験が増えれば次回の対応は楽。

 ・

どうせ必ず次があるのだから、
言わなくて良い余分な一言で地雷を踏む価値はない。

などと書いてみたものの、
現実最大の問題は、
相手の問題よりも、
自分が忘れているという点。

人生そんなもの。

他人に偉そうに言える人なんていません。
誰もが勘違いや記憶間違いをします。
それは誰もが通る道。

|

« ボルト締結問題 | トップページ | ルールと宗教 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボルト締結問題 | トップページ | ルールと宗教 »