« プロボックス快適化計画 | トップページ | MotoGP »

保険は難しい

NASの自動バックアップ失敗が続くので、
NASを再起動したら治った(錯覚)
治ったと思ったのに、
また数日でバックアップ失敗。
真面目に調べると、
バックアップ先のNASでエラーが出ていて、バック
アップ命令直後にエラーでバックアップコマンドが
終了している動き。

調べると、
「ディストネーションのサーバーが壊れています」

はて?
何をどうすればよいのだろう?
HDDの健康状態をモニターしても正常。
そうなると、
「たまたま壊れた」か、
「NAS本体の寿命で壊れた」のどちらか。
バックアップ用NASなのでマスターが元気なら消え
てもOKなので、一度リセットしてみる事にした。

NASのボリュームを削除して、
ストレージプ―ルを再設定、
RAIDタイプはSynologyにお任せのSHRに変更。
24時間ほどかかるドライブチェックを実施中。

メインのNASはRAID10(正常)
バックアップはドライブ単体接続のHDD(正常)
それをもう一度バックアップしているNASが今回
壊れたもの。
例えると、保険の保険みたいな感じ。
だけど保険なので無いと不安になる。

保険は難しい(話が違う)

2403121

|

« プロボックス快適化計画 | トップページ | MotoGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロボックス快適化計画 | トップページ | MotoGP »