« MotoGP | トップページ | 基本を考える »

プロボックス快適化計画の進捗

トヨタの部品流用コストダウンに感謝しつつ、
クスコのタワーバーとロワアームバーを装着。

 ヴィッツ(NCP131)のタワーバー
 アクア(NHP10)のロアアームバー

これで先日交換したテインのショックアブソーバー
が仕事をしてくれる車になった。
もし減衰力調整なしの柔らかいKYBを買っていたら、
車体側の問題に気が付かなかったかもしれません。

 ・

そんな少し改善されたプロボックスで大阪出張。

阪神高速の荒れた路面に足を取られ、修正舵を当
てる回数は激減。予想通りとは言え素晴らしい。
残る問題は、
真っすぐ高速走行中に横風で煽られると、
修正が微妙(手ごたえが無い)と言う問題。
緩いのよ、緩い。

160プロボックスのステアリングセンター付近の
緩さを少しでも改善する方法は無いのだろうか?
電動パワステの設定が駄目だと言う理由が主なる
要因なので、物理的に対策出来る気がしない。

今は155のLTスタッドレスタイヤの剛性不足が大
きいので評価出来ない。
175サイズの夏タイヤに交換してから考える。
この際14インチを捨てて15にインチアップして、
タイヤを薄くして横剛性を稼いでトーイン付ける
手もあるが、訳が分からなくなりそうなので次回
に先送り。


現状を例えると、
アルト47万円がAK12マーチになったくらい。
決してAK12マーチが6R-POLOになったわけじゃない。
プロボックス快適化への道は遠い。

簡単に改善できない部分が見え始めてきた。

|

« MotoGP | トップページ | 基本を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MotoGP | トップページ | 基本を考える »