« 店と客の関係 | トップページ | 水が足りない »

オールシーズンタイヤ

雪でも普通に走れて便利で良いタイヤだけど、
年に2回の脱着作業をしなくなると、
タイヤの目視点検をしないという自分を発見。
タイヤを車から取り外せば、
トレッドに挟まった石も取るし、
釘とか裂け目などを点検した上で、
洗って汚れを落として倉庫に片づけるという作業をする。

オールシーズンタイヤの場合、
長距離を走る前とか高速道路を使う前とかに、
空気圧を確認して外側の傷がないかどうかを見る程度。
トレッド面の傷や内側の側面を点検する事はほぼ無い。

夏タイヤと冬タイヤを使い分け、
必ず年に2回タイヤ脱着してタイヤを点検する事のほう
が安全に繫がる気がする。気がするです、気持ち。

オールシーズンタイヤのメリットはタイヤコストだけで、
タイヤ性能は夏タイヤに劣り冬タイヤにも劣る。
点検の回数も減るので信頼性も劣る(私の場合)。

コストと手間を無視すれば「年に2回タイヤ交換する」
形が安全で心に優しい。

一番信用できないのが自分自身と言う話は棚に上げる。

|

« 店と客の関係 | トップページ | 水が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 店と客の関係 | トップページ | 水が足りない »