« 純正ステアリングの革巻き | トップページ | 残すもの »

運転免許には知識が必要

ホンダが行った車用語調査結果に驚いた。

対象は全国の20~60歳代の運転免許保有者男女1000人。
運転免許を取得済みの学んだ人たちが対象。

内容や意味が説明できない用語と理解できない人の数
  ハイブリッド車 29.5%
  トランスミッション 27.2%
  排気量 26.4%
  サスペンション 22.8%
  クラッチ 19.2%
  ステアリング 17.0%

これって、運転免許という教育システムが崩壊している
という話であって、車メーカーの説明が不十分という話
ではない問題。

ところが、
新しい「スタンス系」という分類に入る用語だと、

  リムウチ
  リム刺し

車好きの私でも、意味も姿も想像できない単語。

つまり、車用語に興味がない人の目線になると、
「ステアリング」と「リム刺し」は同じレベルの
理解できない専門単語だという事が分かった。

 ・

機械の構造を理解して操作してもらう運転免許という
制度の上では、
  トランスミッション(CVTでもATでもMTでも良し、
            シフトポジションの意味)
  ブレーキ(ABSと共存する方法、ブレーキが壊れた
       時にどうするか、鉄板ブレーキ対応等)
  ステアリング(パワステ壊れたらどうするか、
         どうなるか)
最低限免許取得者は理解しておいてほしい項目

|

« 純正ステアリングの革巻き | トップページ | 残すもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 純正ステアリングの革巻き | トップページ | 残すもの »