« 老人による老人の為の政治 | トップページ | 食品衛生法を柔軟に。 »

なにごとも柔軟に

隅田川沿いのウミネコ被害問題の記事、

昔から、
神社仏閣は鳩の被害、
最近では、
所かまわずムクドリ被害。
古くは、
都会のゴミ出しでカラス被害。
今は、
ハクビシンとかタヌキとかキョンとか

鳥獣保護法という過去の遺物が駆除できない
足枷なので、そろそろ改正する時期なのかも
しれません。
うちの近所も小さな放置森があるので近隣の
ムクドリ被害は半端ない。
ムクドリなんかだと、「かすみ網」を使って
業者が捕獲して、一気に殺処分すれば良い。

全ては鳥獣保護法の問題。

神社仏閣の木造建築物が鳩除けの金網だらけ
の景色を見たいですか?
春の池に巨大化したミドリガメばかりの景色
を見たいですか。

狭い日本という国土で、
日本中で自然と共生できるなんて妄想は、
あっさり捨ててくれ。
自然と生きたければ田舎へ、
自然が嫌なら都会へ、
それが正しい姿。
何もかもに正論を求めてはいけない。
都会と田舎、
景色も考え方も違うのは当たり前の話。

法律は柔軟な運用こそが正しい。

|

« 老人による老人の為の政治 | トップページ | 食品衛生法を柔軟に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老人による老人の為の政治 | トップページ | 食品衛生法を柔軟に。 »