« 人生がギャンブル | トップページ | 残存天守閣 »

使うな、危険。

マツダ車にパンク修理キットが標準搭載されて、
テンパータイヤ搭載が減っていったのは2004年
からの話。最後のロータリーエンジン車RX-8が
その役割を担って市場に投入された。

あれから20年(綾小路きみまろ風)

パンク修理キットで修理できる可能性があるパ
ンクなら、キット付属のコンプレッサーで空気
を入れつつレッカー入れる場所に移動して、
JAFの到着を待つ。
もしくはそのままタイヤ屋さんを探して移動。
パンクしたタイヤはゴミで良いので、ホイール
が死ななければ問題ない。
パンク修理剤を使用したタイヤ(ホイール)は
地獄絵図。
吸音スポンジが入ったタイヤはもれなくゴミ。

パンク修理キットを自分の車に使うには、
「煙草で根性焼き」相当の気合が必要。

じゃあ、何で積んでいるという話になりますが、
あれは大人の都合です。
個人的には世の中のタイヤが全部ランフラット
タイヤになる新しい時代が希望。

|

« 人生がギャンブル | トップページ | 残存天守閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生がギャンブル | トップページ | 残存天守閣 »