« 2024年6月 | トップページ

考え方

私は良いと感じた品は、手に入らなくなるまで
同じものを買い続ける(使い続ける)保守的人間。
しかし、歳を重ねて変わってきた点もある。

古いものを使い続けて、挙句の果てどうにもなら
なくなってから新しい製品を買うと、
階段を一気に数段飛ばしで上るような事になるので、
年齢的に厳しい場面が増えてきた(本当)
一気にいろいろ変わるので大変だということ。
階段は1段ずつゆっくり上るほうが多分安全。
大きい変化1回に対応するよりも、
小さな変化数回のほうが楽。
これこそが絵にかいた老化。

とは言え、
Windows Meとか
Windows Vistaとか
Windows 8のように、
付き合った時間が丸っと無駄になる場合も多い。

Windowsは3.1が出てくるまではMS-DOSで良かった。
WindowsNT3.0の頃はまだMS-DOS併用で、
Windowsにほぼ切り替わったのはNT3.51。
NT4.0とWindows2000で完全に切り替わった。
Windows Meは本気で何も覚えていない。
Windows Vistaはオープニング画面だけ記憶がある。
8はスタートボタンの使いにくさに驚いたけど、
8.1でいろいろ無かったことにされ使えるようになり、
10でいろいろ先祖返り(に見せかけてきた)。
Widnows11になって8から始まった違和感が消えた。

Windows1.0の発売が1985年。
Windows11の発売が2021年。
今年は2024年。
指折り数えてWindowsに39年も付き合っている。
無駄にした時間を指折り数えるよりも、
得した時間に感謝する。
でもね、
何でもできるようになったWindows11のoffice365。
使っている機能はMS-DOS時代のLotus1-2-3と何も変
わっていない(当社比)

| | コメント (0)

ビックリする仕様

新しいPCをMicrosoft accountでセットアップして、
office365businessをセットアップしたところ、
ExcelもWordも、
「名前を付けて保存」というメニューが無くなって
いて驚いた。どうするのこれ?
試しに、
OneDriveの自動同期設定をOFFしてみたら、名前を
付けて保存のメニューが無事復活。
デフォルト設定は自動同期ON。

ググると仕様がそうなったと言う情報を発見(遅い)
これは誰にどんなメリットがあるのだろう?

 ・

セットアップ後にOneDriveのバックアップ設定を変更
したので、セットアップ中にマイドキュメントにコピー
したファイルはローカルハードディスクの中から消え、
OneDriveから探してコピーする羽目になるのはお約束。
Microsoftさんの目指したいところも分かるけれど、
ローカルにコピーしたものは消さずに残してくれ。
分かっちゃいるけど一瞬ドキッとする。

例えると、
iTunesでAppleMusicのsubscriptionを解約したら、
iTunesにCDから取り込んでいた自分のアルバムも
Appleに全部消されるような酷い話。
さすがのAppleでもそんな事はしていない。

backup設定変更(同期設定変更)するだけで、
マイドキュメントが空になる仕様は心に優しくない。

| | コメント (0)

向き不向き

東京都知事選挙で2位になった石丸さん。

彼を自分の会社の上司にしたいとか、
彼を自分の会社の社長になってもらいたいとか、
思う人はいるのだろうか?という素朴な疑問。
彼がもし取引先の担当者だったら取引を止めるくらい嫌。

市長時代の失敗を踏まえ、やり方を変えて来るはずと思っ
ていた私が浅はかで、彼は同じやり方で東京に挑戦。
それは人数が少ない田舎市議会でも通用しなかった技なの
に、日本最大の首都でそれが通じると思ったのでしょうか。
駄目だったやり方は、変え続けていかないといけません。

政治の世界とは、
10%の白と、
10%の黒と、
80%のグレーが混とんとしている世界。
白黒が常にあるわけでもない。
グレーを出来るだけ多くの人に認識させないまま、
グレーを白い方向に上手にコントロールするのが政治家。
グレーをグレーだと思わせず、人に満足感を与えるのが
政治家の仕事。

今回最大の悪手は、落選後の地上波インタビュー。
あの場合のインタビューは、
質問者に対して答える話ではなく、
質問者の質問を上手に利用して、
自身がこき下ろす放送メディアにしがみ付いている人たちに、
「上手に答えて自分の意図を伝える」大事な機会だったのに、
自分で台無しにした。
2位で手にいれた「伝わらない人に伝えるための時間」を捨て
ただけではなく、あれでは誰も信用してくれなくなるし、
品位を落とし、不快感だけ残した。

今の彼にお勧めな仕事は、
「同和利権団体撤廃運動」や、
「在留第三国人利権撤廃運動」や
「不法滞在外国人利益撤廃運動」が適任。

同和なんて、国から落ちて来る金に群がる魑魅魍魎の世界。
一度でも成功した政治家は絶対に口に出さない話。
公務員の同和枠採用とか同和優遇なんて完全撤廃、
世の中の同和枠と言われる特権を完全撤廃すれば良い。

昔どこかの政治家が「**をぶっ潰す」で長になった様に、
「同和利権をぶっ潰す」で国会議員を目指してください。
そんな政治家になれば良い気がします。
どうでしょう(他人事)

単なる田舎のパワハラ上司ではなく、
一般人の役に立つ権力を振りかざす人になってみては。

| | コメント (0)

使えば掃除

ディーゼルエンジンと言えば「煤」。
石原元都知事がペットボトルに詰めて振ったおかげで、
東京都内の古いディーゼル車が一気に無くなった。

ディーゼルエンジンから煤を完全に無くすことは難し
いので、出て来る煤をフィルターで止める。
そのフィルターが目詰まりするとふん詰まりになり、
エンジン出力が落ちる。
環境に優しいと言われるディーゼルエンジンは、
煤が出ないのではなく、出て来る煤を貯めているだけ。

これは先日の日立ドラム式洗濯乾燥機と同じ考え方。
フィルターレスで成立する構造ではない。

洗濯機内部フィルター=ディーゼルのDPFのようなもの。

ディーゼルエンジンに乗るなら煤掃除は必須。
薪ストーブを使う人は煙突掃除をするのは当たり前なの
も同じような話。

にもかかわらず、
使用者の責任であるべき掃除もせず、
そういう人に限って、
「設計不具合だ、リコールだ」と大声を出す人がいる。

無知なのは仕方がない。しかし、大人として寂しい。
皆が技術を学べとは言わないけれど、
出来るだけ多くの人が技術を理解する必要はある。
技術者が考えて作ったものには理由があるという事を
尊重してほしい(願)

どんな道具も、手入れせずに使い続けられるものには
相応の理由があり、そのために捨てている物事がある。
人生は常に取捨選択の繰り返し。

| | コメント (0)

東京都知事選結果

東京都民の罰ゲームみたいな都知事選が終わりました。
田母神さんとか桜井誠さんの数字があの感じになってしまうのは、
「政策論争」ではなく「マスコミの情報操作技術力の成果」。
とは言え、石丸さんのおかげで少し未来が見えてきた。

 ・
 ・

赤いカミツキガメさんに関しては、
色々なところに貼りつけた「R」マークのステッカーを全部剥がす
事から始めていただければOK。

石丸さん。
賢いのは分かるのだけど、話し方を見ているとまだ器が足りない
のは誰が見ても明らか。広島県知事とかで下積みできる根性がある
事を祈るばかり。
世の中正論が通るわけではなく、正論に聞こえる事が通る。
白か黒でもないし、正しいか正しくないかでもない。
このままマスコミの餌食となって消え去るには惜しいので、
地方国会議員からの地方知事の階段を上って欲しい。

緑のタヌキさん。
8年と言う時間を使ったにもかかわらず、
選挙公約の達成はゼロで、
派手な失策もゼロ。
簡単に言えば何もしていないということ。
日本人が何もしない事を良しとする傾向は有るにしても、
そろそろね。
とは言え、知事3期ともなると持てる力は尋常じゃないので、
学歴詐称問題は握りつぶす事間違いなし。

今回の知事選挙をして、
「選挙に行っても何も変わらなかった」と若い人が思う事だけは
避けてほしい。本当に凄く変わった。
なにより、赤いカミツキガメを3位に落とした。
今までだったらヤツは2位。
日本共産党が立憲民主党を分裂させて、社民党を分裂させ、共産
党員を増やすという流れが見えていたのを止めた。
選挙妨害や演説のヤジや供託金や政見放送問題など、
法規制しないとどうしようもない状況になっている事も判明した
のも良い傾向。


4年後に期待しましょう。
さあ、左翼の人たちは「Rマークのシールはがし」と街の掃除から
始めて下さい。
まさかあのままなんて事は大人として無いよね?

| | コメント (0)

程度問題

高校進学時の内申書から中学への出欠記録を削除する話。

送りだす中学側はどうでも良いかもしれませんが、
受け入れる高校側が困る。
合否判定に出欠記録を使うかどうかは高校の自由だけど、
中学側からの情報提供は必要。

義務教育の中学とは違い、高校には1年間の単位を得るため
に必要な最低出席日数がある(たてまえだとは言いません)
休めるのは1/3まで。
それを超えると、進級できず留年する。
年間最低取得単位を確保しないと進級できず留年する。
高校で生徒を留年させると担任の評価が下がる。
担任だけではなく学年主任から上司まで全員の評価が下が
る仕組み(妄想)
留年する子供の親は、もれなく変わった人が多いので揉める。
ただでさえ忙しい先生に、無駄な時間を使わせる事になる。
本人も含めて誰にも価値が無い。

極左思考的に自分の主張だけを通す事よりも、
回りの人に迷惑をかけない少しでも良い方法を探しましょう。

 ・
 ・

問題が多いのは偏差値が低い学校なので(偏見)、
偏差値が低い公立高校を減らせば目先の対策になる。
高校を狭い入口にするだけで良い。
大学を狭い入口にするだけで良い。
甘すぎる子供教育が諸悪の根源。
甘いのも程度問題。

| | コメント (0)

都知事選挙で考える

公的年金受け取り開始が65歳だから、
企業定年を65歳にしましょうとか、
年金を70歳まで積み立てられるようにしましょうとか、
そういう話ではなく、

自動車運転免許年齢上限の話。
下限があるのだから上限もあるのが当たり前。

 ・

日本人(男)の平均寿命が81歳(2024年度)なのに、
80歳を超えて人と同じ自動車で公道を運転するのは、
どう考えても駄目。
せめて老人専用自動車限定免許にしないといけません。

いつでも、
どこででも、
簡単に、
突然死ねるのが平均寿命越えの人。
運転中に死ぬのは仕方が無いが、
若い人を巻き込んで殺してはいけません。

 ・
 ・

ドクター中松さん。
御年96歳。
知事の任期は4年なので、当選すると4年後100歳。
本人が公言する自身の寿命には遠いけれど、さすがに。
凄い人だと理解していますが、年齢は皆に平等。

どう考えても立候補には年齢上限が必要で、
現役議員には定年という年齢上限が必要。
今回の都知事選挙は色々な規制のスタート点になれば
結果オーライ。

| | コメント (0)

フィルター掃除

日立のドラム式洗濯乾燥機のこっそりリコールの件。
2022年モデルだけの修理対応ですが、
この発表も原因を書いていない。

以下は勝手な妄想です。

日立ドラム式洗濯乾燥機は、
「毎回掃除しないといけないフィルターが無く手間いらず」
が売り文句。
にもかかわらず、
実は内部にこっそりフィルターがあって、それが詰まって
乾燥が終わらないという問題。
そして製品発売の2年後に無償修理対応の発表。
フィルターが無いのではなく、フィルターを隠した。
 ・
内部フィルターは洗濯乾燥機を分解しないと掃除できない
構造と言うのも話をややこしくした原因。
他社製品だと毎回掃除する外部フィルターでキャッチして
いたゴミが何処に行っているかと言うと、内部フィルター
で止めて、それを自動で水洗いして排水に流し、排水フィ
ルターで止めているという話。流されたゴミが全て排水フ
ィルターで止まるわけじゃないので、ほどほどにゴミを
排水に流している構造。

ヒートポンプ式の乾燥の場合、乾燥空気中のゴミを減らさ
ないと熱交換器がホコリで詰まる問題があるので、乾燥で
発生する綿ゴミを減らす手段は構造の生命線。
それにも関わらず、
「営業の売り文句の為にフィルターを減らした」日立さん。

企画段階で誰がOK出したのか問題に至るほどの致命的な話
だと思うのですが、今もマイナーチェンジモデルを継続販売。

分解しないと掃除できない内部フィルターを粗くした
フィルターに変えたとか、自動洗浄の頻度を上げたとかの話
を聞きますが、それはその場限りの対策。

もはや完成したと言われている生活白物家電なのに、
本当の完成を遠くしているのは、使う側の理解と意識。

| | コメント (0)

漁業権という利権

能登の復興が遅いのは漁業利権(妄想)

港の数だけ利権が存在し、縄張り争いをする。
漁業権と言う権利は何故か世襲され補償され続ける。

東京湾でアナゴが名物になったのは、漁業権にアナゴ
が含まれていなかったからという有名な話。
何事も自由が良いとは思いませんが、権利を手放さない
特権階級は人を不幸にします。

 ・

港の復活が出来ない以上、漁業権を放棄させて工事を
進めれば良いのに、利権を絶対に手放さない人たちが
それを阻む。
朝市通りや温泉街で復興が進まないのも似た感じ(妄想)
がれきやゴミ撤去は認めるけど、
建物解体と権利放棄や代替えを認めない人たち。

漁業権という世界でも珍しい日本独特の仕組み。
なぜか自動的に世襲。
補償金も代々払われていく謎。

港壊滅だから漁業権を放棄しない限り永遠に利益が
出ると思っているフシがある。それが今までの漁業。
地域復興ではなく自分の財布を見ている。
補償は全て一代限りにすれば良い。

利権にしがみ付くのが楽だからそういう生き方をして
いる訳なので、利権の世襲を止めれば良い。
死んだら終了。

今回の能登地震は福島と違い「企業から補償を取れない」
という話があるのも歩みが遅い原因。
港が復活できないのに漁業権を補償させると言う事は、
補償ではなく個人への寄付や贈与じゃないのと感じる。

普通の人は地震で勤務先が壊滅したら仕事が無くなり、
次の日からの生活に困るのが普通の話。

地震で港が壊滅したら補償金が世代を超えて入って来て、
漁業組合は港が無くて漁業が出来なくても補償金で永遠に
存続できる。
本気でおかしいと思いませんか?

| | コメント (0)

人の話を聞く

「老いては子に従え」と言う言葉を嫌う高齢者が多い。
曰く「自分のことくらいは自分で出来る」

それが出来なくなるのが老いだという事を理解してい
ないし、最終的には誰かの世話になるのが老い。

能登の震災地に出来た仮設住宅に1人で戻ろうとする
100歳超えの人の話をニュースで見た。
100歳超えには見えない元気そうな人に見えますが、
決して美談ではないし、
親族迷惑な話。
なにより、仮設住宅を本当に必要な人に回すべき話。
100歳超えの人が1人で住んで孤独死したら皆が辛い。

子に従うのではなく、
子の言葉に耳を貸し、
子供や周りの人を尊重するのが高齢者。

最終的に誰にも迷惑をかけずに死ねるなんて事は無い
のだから、70歳を過ぎたら人の言葉を良く考える事が
とても大切。
自分の希望なんてほぼ身勝手な話。

身勝手に生きると言う事は、
少し余分に迷惑をかけると言う事。
なぜそれが分からないのだろう?
さて、自分が70歳を過ぎて80歳になりどんな老人に
なっているかわかりませんが、物事の優先順位くらいは
冷静に考えられる間に死にたい(そう上手くはいかない)

家族や他人に盲目的に従う必要は無いけれど、
人の話を聞いて咀嚼して、
自分の希望ではなく、
迷惑をかける周りの人の最善を考えましょう。

ここに書いて自分に残す。

| | コメント (0)

車ではない乗り物

国はアクセル踏み間違い防止装置の新車装着義務化を進めるらしい。

それはちょっと待て、
道具として考えるとおかしい話だと気が付かないのか?

車という道具は、
 ハンドルを切れば必ずタイヤ角度が操作出来て、
 アクセルを踏めば必ず駆動輪が動作して、
 ブレーキを踏めば必ず全てのタイヤにブレーキがかかる。
 電気的に故障しても操作力があれば全て動作させることができる。
これが機械としての条件。
アクセルを踏んでも進まない車は、車ではない。

 ・

運転免許は車を運転するために所持しているもの。
車ではない物を操作する免許ではない。

免許年齢上限作るのが先だ。
70歳を超えたら、運転免許証に運転可能車両限定条件を付ける。
今の認知検査なんて意味がないとは言わないけれど、運転する能力
劣化は判断できていない。
するなら50m走とか運動能力テストが必須。
電気的に壊れた車でも安全に停止させる能力が運転能力。
機械的に壊れた車でも被害最小限に停止させる能力が運転能力。

その上で踏み間違い防止装置。

車ではない乗り物に車の運転免許証を使うから話がおかしい。
70歳を超えたら「条件付きの車に似た乗り物」しか運転できない
免許証に自動で切り替わり、「車に似たもの」以外は無免許運転。
75歳になったら「その運転免許も公道での効力失効」。
車遊びしたければ私有地かサーキットへ。

歳をとるのは性能劣化。
その性能劣化速度は人によって違うので、
早い劣化速度に合わせて運転免許年齢上限を決めないとおかしい。
元気なヤツを考慮してはいけません。
平均ではなく弱い人に合わせる。
それが平等。

政治家の年齢上限も必要だけど、
運転免許の年齢上限は今すぐ必要。

| | コメント (0)

« 2024年6月 | トップページ