石取り

気がつくと10月。
スタッドレスタイヤに交換する季節は目の前です。
スタッドレスタイヤを自分で管理すると、
交換時に傷と残り山を確認出来るので良いけれど、
溝に挟まった小石が気になる。

細かなサイプに小石が挟まる事に関しては、
MICHELINスタッドレスの右に出る物はない。
ブリヂストンの倍とかのレベルでは無く4倍くらい。
MICHELINは粒の大きい砂が挟まる感覚。
それをマイナスドライバーでちまちま取るのですが、
スタッドレスタイヤ20本だと半日仕事。

この魔法の工具を使えば1/8に時短できるらしい。
1/8なら20本で30分(それは物理的に無理)。
1/8はさておき、少しでも楽になれば良い・と妄想。

気がつかれたと思いますが、

疲れる原因は、20本まとめて石取りするからです。
空いている休日に、少しずつ作業しておけば楽。

つまり、大切なのは日々の積み重ね。

1910041

| | コメント (0)

片付かない理由

ガレージから車が一台減ったので、
十分広くなるはずだったのに、
物があふれる。

やはり、倉庫が必要(絶対に違う)。

1908251

| | コメント (0)

タイヤとホイール

ガレージに、実用車のスタッドレスタイヤを5台分収納したの
だけど、そこには既に収納しているロードスター用があって、

 1028ホイール+タイヤ 4本
 NB6ホイール+タイヤ 4本
 NA8-限定車用15inBBSホイール4本
 NA8(軽量型)ノーマルホイール 4本
 光岡01用14inBBSホイール 8本

我ながら笑うしかない状態。
ロードスターは3台しか無いのにね。

そもそも、イナバガレージ2台用にNAロードスターを3台突っ込ん
でいるのだから、スキマが無いのは当たり前。
現状、収納順序を間違えると車から降りられません(本当)。

人に見せて格好良いガレージライフは手に入るのだろうか?
とりあえず、タイヤ専用収納庫をどうにかしないと駄目です。

世間の人達はタイヤの山をどうしているのだろう?謎だ。

| | コメント (0)

ガレージ整理

足の踏み場が無いガレージのゴミを捨てに、スクラップ屋へ。
 1.R56mini 純正バネ
 2.R56mini 純正マフラー
 3.NA8 純正エキマニ
 4.NA8 純正マフラー
 4.6R-POLO サスペンション2式
 5.ヒッチマウント自転車キャリア類一式
 ・
 ・
定期的に捨てているつもりなのですが、
ある日気がつくと、
物が増えている。

今回捨てた理由は、屋外保管していたスタッドレスタイヤ
一式をガレージに収納したかったからです。
その数5台分(笑)
ロードスターのタイヤホイールセットも2台分あるので、
通算7台分のタイヤホイールセットが収納された事になる。
ガレージでは無く、完全に物置。

使いやすい物置が欲しい。

| | コメント (4)

オイル漏れで学ぶ

先日の日曜日。
タッチアップ用塗料を棚から手に取ると「手にオイルがべっとり」
一瞬状況が理解できなかった。

冷静に見ると、
ガレージの棚の上に置いてあった、「開封済みのNA8用新品ラッシュ
アジャスターのオイル漬け100円ショップタッパーウェア風容器」の
容器からオイルが漏れて、棚2段がオイルまみれ・・・・

手もオイルまみれで写真を撮る精神的余裕もなし。

同じ棚にあったものは、予備のヘッドカバーとか箱入りの部品類だっ
たので段ボール類は駄目になりましたが中身は大丈夫だったのでOK。
一段下の棚にあったのはケミカル類+塗料の類だったのでほぼ掃除す
るだけでなんとかOK。

棚の最下段(というかガレージのフロア)
TTのスタッドレスタイヤ4本。
悪夢だ。


液体保管は常に最下段が鉄則。

| | コメント (0)

整理整頓

なにが悲しいって、
自宅ガレージの中で床に置いた物を車で踏んで、車に傷が付くこと。
その際、置いたものまで壊したら目も当てられません。

整理整頓の基本は
 1.床に物を置かない
 2.物の前に物を置かない
 3.物の上に物を重ねない

狭い中であーだこーだとしていると、何気なく床に置いた事を忘れ、
車を動かして、嫌な音を聞いて汗と共に思い出すというパターン。

置いた事をきれいさっぱり忘れるのだからどうにもならない。
置いてからの経過時間は関係ない。
置いたら駄目。

今日は、
ジムニーから取り外して床に置いていたヒッチメンバーにロードスター
を当てて、リア泥除けに傷。
強固なスチールヒッチメンバーなので傷がついたのはロードスター。
その後、
Sr2の純正シートを掃除して屋内納戸(と言う名の元子供部屋)に持ち
込む際、シートレールの角を木製ドアに当てて傷。
金属シートレール対プリント合板ドアなのでシートレールは無傷。

家のドア傷は少々であれば気にならないのですが、
車の泥除けに付いた小さな傷が気になる。

と言う事で、
予定作業(タイヤ交換その他もろもろ)にいたらず傷心で本日終了。


床 に 物 は 置 か な い

| | コメント (2)

二台用

イナバガレージは二台用なのですが、
TTとロードスターを入れている絵では二台用だと納得しますが、
miniとロードスターを入れている絵を見ると隙間が大きい。


と言う事で、
シャッターの支柱を避けつつ三台入れてみました。


131029


miniなら縦に並べてもう一台十分入りそう(笑)

| | コメント (0)

やるべき事

建築後4年を超えたイナバガレージ。
時がたつのはあっという間。

残っている作業
1.電源の引き込み
 いまだにケーブルドラムで引き込み
2.照明設置
 いまだにスタンド式ハロゲン灯使用
3.コンプレッサー等移設
 オープンガレージ側で作業
4.コンクリートフロアの塗装
 そろそろ表面からコンクリート粉が出始めた
5.部品を整理出来る棚を作る
 グチャグチャ
6.ケミカル類を壁面収納出来る棚を作る
 横梁の上に並べているので見苦しい
7.換気扇を付ける
 どうにかしないと湿気地獄

 ・
 ・

やるべき事はまだまだいっぱい。

一番大きな問題は、
防湿シートを敷き込んでフロアを打ったけどシャッター締め切りが長い
とコンクリートブロックの基礎やスキマや色々な空間から湿気が進入し、
結果的に内部湿度温度の上昇と共にカビが生えること。
毎日シャッターを開ける環境なら良いのだけど、1週間に1度も開かない。
へたすると1ヶ月開かない時もある環境では最悪の事態を招く。
結果、工具を長期間おいておけないガレージになっている。
ガレージ作業が終了したら事務所に道具を持ち帰る本末転倒ぶり(笑)

換気扇をつけて低速連続換気の形にするか、
密閉して内装作り込んで除湿の形にするか。
車の保存を考えると乾燥がベストなので年中除湿すれば良いけど、
そう言う目的で作ったガレージではないのが手間と金がかかる原因。

イナバガレージの良さは平均的な通気性と強度。
通気性を殺すならイナバガレージを選ぶ理由は無い。

| | コメント (4)

空間利用

ガレージライフを立ち読み(その後お礼をかねて購入)

上下二段式民間向け駐車装置の値段に驚愕。
 地上二段式
 駆動は単相200V/0.75kwモーター1台
 駆動方式は電動スクリューシャフト
 お値段何と定価で \650,000

 ・

早速PDF図面をダウンロード(笑)
寸法を確認。
今のガレージでもロードスターなら二段に出来る寸法がある。

と言う事は、

ポルシェを買ってもロードスター3台と合わせて合計4台を今の
イナバガレージに収納出来ると言う事です。
なんて素敵な話。

当 然 夢 で す け ど ね 。

| | コメント (0)

安全対策

ロードスターの前にバックでPOLOを停める事になったので、
ガレージに安全対策を追加。

111019

モルタルフロアに反射材入りラインテープを貼り付け、
外壁角部に3M製反射材付きコーナーガードを貼り付け。

ここまでやったのに、
「後ろのロードスターに当てそうだから目印が欲しい」
との追加要望。
さて、どうしたものか。

片側だけ車止めを付けるか、ラインを追加するか迷い中。
色々な意味で完璧なのは車止め。
しかし後々邪魔になりそうな気もするしアンカーは打ちたくない。

 ・
 ・

たしかPOLOにはバックソナーが付いているはずなのですけど?

| | コメント (4)

より以前の記事一覧